芸術はアートだ!

芸術はアートだ!

日本人のアートは世界で評価されています

日本人は独創性の面で欧米諸国に遅れをとっていると言われていますが、 実際はアートの世界で高く評価されており、一昔前の常識とは違った存在感を持ち始めています。 例えば、クールジャパンという言葉が広がっており、日本製のサブカルチャー系アートは世界各国で大人気を獲得しました。
特にスペインやドイツ、フランスなどのアートに強い関心を示す国々で評価されており、 日本人監督が発表した邦画、日本人作家の小説、日本人漫画家のデザインやコミックは、非常にクールで独創的なメディアだと、世界の芸術をリードする欧州諸国で軒並み人気を得ています。
世界に向けてアート作品を発表する方法として、今注目されているのがインターネットです。 全くの無名アーティストでもネットのブログやSNSを活用すれば、コスト0で自分の作品をアップ出来ます。 海外のアーティストの目にとまり、そこから日本国内で無名だったアマチュアアーティストの人気に火がつくというケースもあり、国内を飛び越えて欧米相手にPRするのも良い宣伝方法です。

世界中にあるさまざまなアート

よくテレビなどで紹介されているすべてが驚くようなアートにはさまざまな表現方法があり、映像や作品をライブパフォーマンスで見ても信じられないような表現方法で作品が仕上がっています。
近年ではCGや3Dプリンターがあり映画などで肥えた眼を持っていても世界には意外な物で本物にしか見えない作品が多くあり、すべてがトリックアートのようです。
ライターの火であぶった焦げで人物画ができたり、サンドアートや黒板に描くチョークでの絵画表現などはよく知られていますし、身近なところでは料理やコーヒーカップの中に絵や立体を表現をするようなものなど、その表現方法は身近にあるものでなんでも作れてしまいます。
日本人の中には世界が驚くようなアーティストがいるのはうれしいところです。
鉛筆の彫刻の方は長くメディアで取り上げられていますし、すべてが木材の方やすべてを現場作業道具で細かい彫刻をするなど、身近にあるもので身近にあるほとんど一つの道具でできてしまう作品が増えています。
その方にしかできない売りのものやサンドアートのように広がっていくものまで道は分かれています。

check

Last update:2019/2/15